スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.07.30 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    いまどきのブックフェア

    0
      お声かけをいただき、京都で行われる「いまどきのブックフェア」に参加します。
      前回は24時間オープンしている本屋さんとして、京都の本屋さんが集まってされていておもしろそうやなと思っていました。
      今度はなんと32時間ぶっ通しでオープンするそうです!すごい!
      関西蚤の市に出店の日なので昼間は行けないのですが、土曜日の夜は顔を出せたらと思っています。
      詳細は以下です。よろしくお願いします。

      ---------------------------------------------------------------------
      「いまどきのブックフェア」

      日時:12/5(土)13:00~ 12/6(日)~20:00 合計32時間

      場所:みよいビル202号
       〒604-8115 京都府京都市中京区雁金町373 みよいビル

       

      いまどきのブックフェアとはいろいろスクール「いまどきの本屋のつくり方講座」で
      受講者と先生が一緒になって時間限定の本屋をつくるイベントです。

      出展者は関西で活動している独立系書店さんたち。
      それぞれが個性豊かな本を持ち寄ることによって、本屋の厚みがまします。


      またそれぞれのブースがあるわけでなく、みなさんに持ち寄っていただいた本、
      すべてをバラバラに並べ、棚をつくることによって様々な本と出会える場所です。

      棚のタイトルはさまざま。
      「朝に読みたい本」「電車でよみたくない」などなど。
      営業時間中に棚も本の並びも変化します。

      お昼に来た本屋と夜に来た本屋がまったく違うものになっているかも。

      「いまどきの」というタイトルをつけていますが、若い御客様だけでなく、
      幅広い年齢の方にきていただけるよう、しっかりと良い本に出会える場を目指しております。

      「いまどきの本屋のつくり方講座」
      週末だけ小さな本屋を開ける人、カフェや雑貨店の片隅で古本を売る人…、
      "出版不況"、"若者の活字離れ" と叫ばれるこの時代の中で、
      それぞれの「身の丈」で本屋を楽しむ人を最近良く目にします。
      仕事と趣味のあいまいな境界線上で軽やかに活動しているように見える本屋さんたちは、
      実際にどのように営み、暮らしているのか。そして、私たちにそのような活動はできるのか。
      この講座では、従来とは異なるスタイルで活動する本屋さんのお話とワークショップを通し、
      皆さんの「本屋をやってみたい」という思いの実現をサポートします。

      ▽出店者


      いまどきのブックフェアHP→http://www.iroiroschool.com/imadokibook/

      紹介されています

      烏丸経済新聞
      http://karasuma.keizai.biz/

      YAHOOニュース
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000038-minkei-l26
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.07.30 Monday
        • -
        • 15:16
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする